LEDで節電対策。家庭に1個導入すると関東圏だけで原発1基分。

夏の節電に向けて電気店でも利用急増しているLED電球。
1個の使用可能時間目安が40000時間とされ、11年間交換不要。

その耐久時間が売りだったのですが、ここに来て注目を浴びているのがその使用電力の少なさです。
LED電球の消費電力は最大で白熱電球の10分の1まで抑えられます。

すでに各電気店で利用が急増しており
品薄な店舗も出ている状態ですね。
メーカーも夏に向けて増産体制です。

驚く事にこのLED電球を東電管轄内で
家庭に1個新たに導入すれば、問題と
なっている原子力発電所1基分の電力が
節電できるというのです。


そうなると夏の節電対策というよりも
全国でLEDを少しでも導入すれば
原発問題への進展も見えてくる。
そんな気さえしてきますね。

ワキガ治療